GOOD DESIGN AWARD 2018
公開ファイル一覧
ITビジネスに関するベンチャー事業の探索 SUBARUのハイブリッド車両システム 燃料タンクの技術動向 AI×冷却 モビリティカンパニーの量子コンピュータ活用 eアクスル 全固体電池 UBER TECHNOLOGIESの技術動向 本田技研工業のパワーコントロールユニット(PCU)配置構造に関する開発アイテム 日立オートモティブシステムズのパワーコントロールユニット(PCU)配置構造に関する開発アイテム① タムラ製作所、本田技研工業のリアクトルに関する開発アイテム① タムラ製作所のリアクトルに関する開発アイテム② ケーヒンのリアクトルに関する開発アイテム オートネットワーク研究所、住友電装、住友電気工業のリアクトルに関する開発アイテム① Varjo Technologiesの技術動向 Velodyne Lidarの技術動向 商用車における電動化の技術動向 三次元造形技術の技術動向 Harman Internationalの技術動向 Fordの自動運転への取り組み GOOGLEの新事業領域 モビリティアプリ 空飛ぶクルマ モビリティの安心サービス WiTricityの技術動向 物流 モビリティを広告媒体とする技術 ナビ情報を用いた車制御 寧徳時代新能源科技/CATLの技術動向 MAXWELL TECHNOLOGIESの技術動向 モビリティサービスの決済システム 新エネルギーステーション Waymoの技術動向 三菱自動車工業の走行制御技術
No Image
ITビジネスに関するベンチャー事業の探索
【New!!】
ウーバー、Airbnbなどアプリサービスが分類されているITビジネスに関する特許分類:G06Q10/00に出願している企業について、2010年以降においてITビジネス特許分類への出願件数とその企業全体の出願件数がほぼ同じである場合には、その企業はITビジネスを専門にベンチャー事業を行っている可能性が高いと判断し、その企業が取組んでいるITビジネスの事例を紹介し、新事業創出のヒントとして提案する。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
SUBARUのハイブリッド車両システム
SUBARUのハイブリッド車両システムに関して、近年で出願件数が最も多い開発アイテムについて、どのように車両システム開発が変遷しているかを示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
燃料タンクの技術動向
主要各社における近年の燃料タンク技術についての特許・実用新案出願を抽出する。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
AI×冷却
冷却という課題に対してニューラルネットワークや機械学習などのAIを活用した技術について、自動車分野に限らず、あらゆる分野における事例を示すことで、異なる分野のアイデアを技術開発に役立てる機会を創出します。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
モビリティカンパニーの量子コンピュータ活用
実用化に向けた研究開発が急速に進んでいる量子コンピュータについて、自動車メーカや自動車メガサプライヤといったモビリティ関連の企業がどのように量子コンピュータをモビリティ開発に活用しているかの事例を紹介する。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
eアクスル
電気自動車(EV)などの電動車両に使われる、モーター、インバーターや駆動機構を一体化したeアクスルについて各社が積極的に開発を行っているが、部品の配置や採用している駆動機構など各社様々である。そこで主要各社が開発しているeアクスルの部品配置、駆動機構とそのバリエーションに関する技術概要を紹介する。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
電気自動車の航続距離を延ばすために高容量の次世代電池の開発が必要とされている。このような次世代電池として有力視されている全固体電池について、各社の技術力を比較する。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
ライドシェア業界において世界最大手(2018年8月時点)であるUBER TECHNOLOGIESに関して、開発を行っている技術分野、開発アイテムの動向を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
本田技研工業のパワーコントロールユニット(PCU)配置構造に関する開発アイテム
電動車両のPCU配置構造に関する技術において、本田技研工業の17件の特許出願から構成される開発アイテムについて、技術概要を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
日立オートモティブシステムズのパワーコントロールユニット(PCU)配置構造に関する開発アイテム①
電動車両のPCU配置構造に関する技術において、日立オートモティブシステムズの20件の特許出願から構成される開発アイテムについて、技術概要を示す
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
タムラ製作所、本田技研工業のリアクトルに関する開発アイテム①
電動車両の高電圧リアクトルに関する技術において、タムラ製作所の出願、タムラ製作所と本田技研工業の共同出願である11件の特許出願から構成される開発アイテムについて、技術概要を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
タムラ製作所のリアクトルに関する開発アイテム②
電動車両の高電圧リアクトルに関する技術において、タムラ製作所の14件の特許出願から構成される開発アイテムについて、技術概要を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
ケーヒンのリアクトルに関する開発アイテム
電動車両の高電圧リアクトルに関して、ケーヒンの4件の特許出願で構成される開発アイテムについて、技術概要を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
オートネットワーク研究所、住友電装、住友電気工業のリアクトルに関する開発アイテム①
電動車両の高電圧リアクトルに関する技術において、オートネットワーク研究所、住友電装、住友電気工業の共同出願である22件の特許出願から構成される開発アイテムについて、技術概要を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
Varjo Technologiesの技術動向
試作車やデザイン、アクティブセーフティ・テクノロジーの評価をするために世界で初めて複合現実(MR)を活用することをVolvo Carsとともに発表したVarjo Technologiesについて、特許出願の内容を示す。(関連記事:外部リンク)
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
Velodyne Lidarの技術動向
LiDARの技術開発を行っており、スマートドライビングカー・サミットへの後援も報道されているVelodyne Lidarについて、特許出願の内容を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
商用車における電動化の技術動向
自動車産業において電動化の流れが加速しているが、乗用車だけでなく商用車についてもZFが電動化を進めていることが報道されている。(関連記事:外部リンク) そこで、主要な商用車メーカなどにおける電動化技術への取り組み状況を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
三次元造形技術の技術動向
Daimlerが開発を進めるNextGenAMシステムと呼ばれる三次元メタルプリント技術により、すでに部品の製造が行われていることが報道されている。(関連記事:外部リンク) そこでNextGenAMシステムの開発を進めているDaimler・Premium Aerotec・EOS、さらに主要自動車メーカーについて、三次元造形技術開発への取り組み状況を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
Harman Internationalの技術動向
Samsung Electronicsが2017年に買収した米自動車部品大手Harman Internationalが、独BMWなど完成車メーカーと製品供給契約を相次ぎ締結していることが報道されている。(関連記事:外部リンク) そのHarman Internationalについて、開発を行っている技術分野、開発アイテムの動向を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
Fordの自動運転への取り組み
自動車メーカ各社は自動運転の実用化を目指して開発を進めているが、関連記事によればFordは「完全な自律走行車の実現について「期待されたほど早くない」」(関連記事:外部リンク)という見解を示している。そこで近年のFordの自動運転技術開発への取り組みの状況を示すとともに、比較対象とするために他の自動車メーカの近年の自動運転技術開発への取り組みの状況についても示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
GOOGLEの新事業領域
GOOGLEは検索サービス以外にも自動運転、モバイルやゲーム(関連記事:外部リンク)など、新たな事業領域に盛んに参入しており、既存の事業者にとっては脅威となりつつある。このようなGOOGLEの新事業領域参入の際に、他社の事業や技術を取得して事業化する場合があることが知られている。そこで、他社からGOOGLEへの特許の権利譲渡情報を分析することで、GOOGLEが新たに参入しようとしている事業領域を察知し、脅威に備えることができると考えられる。ここではGOOGLEの特許権利譲渡情報を新事業領域の候補とみなし、その分析結果を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
モビリティアプリ
電気自動車の充電設備利用やカーシェアなどのモビリティサービスを利用するための手段として、スマートフォンなどのアプリケーションを用いている技術の動向を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
空飛ぶクルマ
未来の都市交通手段として近年注目が集まっている垂直離着陸式の空飛ぶクルマの技術動向を示す。また、自動車メーカーなどのモビリティ関連の企業における空飛ぶクルマの技術動向を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
モビリティの安心サービス
今後、自動運転車やコネクティッドカーの普及に伴い予想されるサービスとして、ネットワークや通信を介した遠隔監視、保守・メンテナンス、緊急通報システムや保険サービスが考えられている。これらのモビリティサービスに関して、現状での各社の技術力を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
WiTricityの技術動向
韓国のティア1自動車部品サプライヤーであるユラコーポレーションと技術ライセンス契約を締結したWiTricityについて、開発を行っている技術分野、開発アイテムの動向を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
物流
物流は産業発展を支える重要なサービスであり、自動運転車やコネクティッドカーが普及すれば物流は今よりも効率的で更に便利なものになると考えられる。現状の物流に関する技術に対する各社の取り組みを示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
モビリティを広告媒体とする技術
自動運転車やシェアリングの普及に伴い、自動車そのものを販売する既存の自動車産業のビジネスモデルから、自動車のユーザに広告を提供するビジネスも検討されている。このようなモビリティを利用した広告の技術について各社の技術を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
ナビ情報を用いた車制御
カーナビ情報を利用して車両の挙動やアクセル操作などを積極的に制御する技術を先進ナビと位置づけ、各社の技術開発への取り組みを示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
寧徳時代新能源科技/CATLの技術動向
電気自動車(EV)用電池メーカーとして世界最大手(2018年7月時点)である中国の寧徳時代新能源科技/CATLに関して、開発を行っている技術分野、技術カテゴリ、開発アイテムの動向を示す。また、技術力の年推移動向を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
MAXWELL TECHNOLOGIESの技術動向
TESLAが買収を発表した、キャパシタ・バッテリー技術の会社であるMAXWELL TECHNOLOGIESについて、開発を行っている技術分野、開発アイテムの動向を示す。関連記事(外部リンク)
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
モビリティサービスの決済システム
カーシェアリングなどのモビリティサービスの普及には、それらサービスに対する利便性の高い決済システムが必要と考えられる。従って、モビリティサービスの決済システムに関する各社の技術力、および決済システムについて各社がどのようなアイテムを開発しているのかを示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
新エネルギーステーション
内燃機関に替わる動力源を活用した、電気自動車や燃料電池車などの新エネルギー車が注目されつつある。これら新エネルギーの供給ステーションに関して、各社の開発状況を示す。 ここでいう「新エネルギーステーション」とは、電気自動車の充電ステーションや一般家庭の充電設備、燃料電池車のための水素ステーションに関するものである。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
Waymoの技術動向
Google傘下の自動運転ベンチャー企業として名高いWaymoに関して、2011年以降の特許件数推移や開発アイテムの内容を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image
No Image
三菱自動車工業の走行制御技術
雪上などの路面で安定した走行性能を発揮させるために三菱自動車工業では独自の走行制御を開発しているといわれている。関連記事(外部リンク) その三菱自動車工業の技術において、四輪駆動制御、駆動力制御、制動力制御およびこれらを統合制御するような車両の走行制御に関する技術の動向を示す。
2020/06/12 更新
No Image
No Image
No Image